芸能人で読書家なのは?

過ごしやすい涼しい気候が近付いてくると、運動に趣味にと何かと活動的に動きたくなるものですよね。

秋の夜長を使って、この機会に読書習慣を身に付けたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

芸能人の中にも、忙しい仕事の合間を利用して、趣味の読書を楽しんでいる「読書家」が多くいます。

読書を通して得た知識を演技や仕事にも活かすことで、単なる趣味以上の大きなメリットに繋がることもありそうですよね。

今回はそんな読書家で有名な芸能人について調べてみました。

読書家の芸能人って?

自身で執筆した作品を発表したり、またその作品が大きな文学賞を受賞したりと多才な才能を持つ芸能人が話題になっている昨今の芸能界。

そんな芸能人の中には、普段から読書家として本に親しんでいる人も沢山います。

今回はそんな本を愛する芸能人の中から、「いかにも」な人から「ちょっと意外」な人まで7人をご紹介したいと思います。

普段からメディアなどで注目されることが多い芸能人たちの新たな魅力を発掘してみませんか?

又吉直樹(ピース)

言わずと知れた、自他共に認める読書家で有名なピースの又吉直樹。

執筆作品「火花」で第153回芥川賞を受賞した史上初のお笑い芸人として、世間の認知度も一気に高まりましたよね。

自室には図書館を彷彿とさせるような大きな本棚があり、蔵書の数はゆうに3000冊を超えるとも言われています。

また大の太宰治ファンであることでもよく知られている又吉直樹。

彼が主催する「太宰治ナイト」は文字通り太宰治とその作品にテーマを絞り、同じ太宰好きのゲストや小説家を招いてひたすら討論を繰り広げるというイベント。

その独特な外見からも、彼の読書に対する真摯な態度が窺い知れますね。

東出昌大

イケメンで演技派としても人気の高い東出昌大も、実は読書家芸能人の一人。

自宅には1000冊以上の本を所有していて、仕事以外でも月2~3冊は読書を楽しんでいるそうです。

司馬遼太郎や歴史小説は父の影響で読み始め、現代小説やエンタメなどさまざまなジャンルの本を読んでいるそうです。

学生時代から通学の電車内で読書をするのが好きだったとのことで、その読書家ぶりがよく分かりますね。

彼の妻で女優のも読書家芸能人として知られていますので、正に似た者夫婦だと呼べるかもしれません。

蒼井優

唯一無二の存在感と見事な演技力で、ドラマに映画にと引っ張りだこの女優、蒼井優。

仕事の時には常に本を持ち歩き、撮影の空き時間に読書を楽しんでいることも多いといいます。

彼女の読書スタイルは、気に入った本は何度も何度も読み込んでいくもの。

二回目以降は頭の中で活字を映像化したり、キャスティングをしたりしてちょっとした監督気分を味わっているといいますから、さすが演技派女優ですよね。

その読書家ぶりで培われた感性が、彼女の演技にも大いに活かされているのかもしれません。

三村マサカズ(さまぁ~ず)

バラエティ番組などのちょっとしたコメントからも、その読書家ぶりが窺い知れる三村マサカズ。

書店の店頭に並んでいるような平積みの本やベストセラーなどは、とりあえず一通り読むという貪欲な読書家芸能人の一人です。

好きなジャンルはミステリーとのことで、時々自身のツイッターでも書評を呟いている姿が知られていますね。

時間がない時は早起きして読書の時間を作ったり、「ダ・ヴィンチ」を毎月チェックして次に読みたい本や話題の本を探しているそうです。

実はかなりの読書家芸能人と呼べそうです。

中居正広

メリハリの効いたMCで今やバラエティ番組の司会には欠かせない元SMAPの中居正広も、「ちょっと意外な」読書家芸能人の一人。

読書習慣は20代の頃からすでに備わっていたとのこと。

その理由を問われ「将来MCの仕事を任せてもらえるようになるには、本くらい読んでおかないと」と答えたそうです。

まるで現在の姿を予見したかのようなエピソードには、彼の大物ぶりが垣間見えます。

彼の読んだ本は「中居文庫」としてファンや一部の書店の間でちょっとした話題になるそうなので、影響力の大きさがよく分かりますね。

ちなみに好きなジャンルは、松本清張や東野圭吾に代表されるミステリーだそうです。

カズレーザー(メイプル超合金)

数々のクイズ番組で並み居る知識人たちも一目置くほどの博識ぶりで知られる、「読書芸人」カズレーザー。

彼の豊富な知識量も、やはり読書によって培われた部分が大きいと言えそうです。

年間200冊という膨大な読書量にもかかわらず、普段彼の手元に残るのは常に数十冊。

「読み終わるとその本は手放し、また読みたくなったら再度購入し還元することが作者への敬意」と語っています。

彼独特の読書スタイルは、なかなか真似できるものではないかもしれませんね。

彼がオススメした本はあっという間に完売することも多く、その視点や考え方が世間に広く注目されているといって過言ではないでしょう。

ミムラ

鮮烈なデビューを果たした時から、透明感溢れる演技で話題の女優、ミムラ。

多い時にはなんと月200冊もの本を読破するという彼女は、読書専用の部屋を住居以外に借りるほど根っからの読書家で知られる芸能人です。

読書好きな人は高い確率で自らも筆を執ることが多いといいますが、彼女も2015年に女優遍歴を振り返った自身のエッセイ集を執筆。

その文才ぶりにも高い注目が集まっています。

その本を読んで感じたことや知識別に付箋を貼って色分けするなど、彼女独特のスタイルも是非参考にしてみたいですね。

まとめ

テレビなどでいつも私たちを楽しませてくれる芸能人。

多忙な仕事の合間を縫ってしっかり読書習慣を実践している「読書家」ぶりには、感心と同時に見習わなければという気持ちにさせられますよね。

また好きな芸能人の愛読書を知ることで、その人のプライベートを垣間見たような気分になりませんか?

上記でご紹介した以外にも、読書家で知られる芸能人はまだまだ大勢います

この機会に彼らがオススメする本にも、一度じっくり目を通してみたいですね。