サッカーがうまい芸能人は誰?

芸能人の中には本業で多忙にもかかわらず、特技や趣味を活かした活動で活躍している多才な人が意外といるものです。

趣味が高じればそれが新しい仕事に繋がることもありますし、良いストレス発散になりメリットも多いのかもしれません。

W杯で皆が一体となって盛り上がったのも記憶に新しい国民的スポーツ、サッカー。

近年では野球より、サッカーを習う小学生男子の割合の方が多いといわれています。

今回は実力も伴った、サッカー好き芸能人について調べてみたいと思います。

サッカーがうまい芸能人

サッカーの上手い芸能人の中には、小さい頃からジュニアユースに所属していたり、プロ選手を目指していたなど実力も折り紙付きの人が意外と多いもの。

現在は芸能人としての仕事に励みながら経験を公式試合の解説に活かしたり、チームを作って趣味として楽しんでいる人などさまざまです。

多才な上にサッカーまで得意となると、単純にカッコいいですし好感度もますます上がりますね。

次は実際に実力もある芸能人から、少し意外な芸能人まで何人かを挙げてみたいと思います。

竹内涼真

「人気俳優の登竜門」とも称される仮面ライダーの主演で注目を集め、現在に至るまでめざましい活躍を続けている竹内涼真さん。

185センチもの高身長とすっきりとした甘いマスクで、ドラマや映画など各方面に引っ張りだこ。

正に「旬」のイケメン俳優ですよね。

そんな彼がサッカーを始めたのは5歳の時で、高校時代には未来のJリーガーを目指し東京ヴェルディユースに在籍。

ここで自分の限界を知り、大学はスポーツ推薦で立正大学へ進学しサッカーを続けていた竹内さん。

ですが20歳の時に右足首に大怪我を負い、泣く泣くプレイを続けることを断念

その後女性誌のオーディションを経て、現在の活躍に至ります。

手越祐也

ジャニーズ事務所に所属し、現在はメンバー4人となったグループ「NEWS」の一員である手越祐也さん。

トレードマークの金髪と独特のフレーズで、自身のライブでは黄色い声援を一身に集めています。

そんな一見「チャラい」芸能人イメージが先行する彼ですが、幼稚園から始めたというサッカーを現在も楽しむ大のサッカー好きで知られています。

毎年音楽関係者のみで開催されるフットサル大会「音蹴杯」では、2017年に自身のチームを率いて優勝

今年は惜しくも準優勝に終わるも、決勝戦では大活躍していた彼のサッカーへの情熱と実力は本物だと言えるでしょう。

松田翔太

今春、女優の秋元梢さんとの結婚を発表したばかりの松田翔太さん。

伝説の俳優である松田優作を父に持ちながら、親の七光りなど物ともせず個性が光る演技で大活躍の彼。

子供の頃から兄で俳優の龍平さんと一緒に続けていた大好きなスポーツがサッカーとのこと。

少年時代にはイタリア・セリアAのサンプドリアのユースに体験留学で在籍していたといいますから、その実力が窺い知れます。

帰国してからは中学校のサッカー部に所属していたそうですが、背番号の変更で監督と衝突し結局プレイ自体も断念

現在まで続けていれば、もしかすると今とは立場の違った彼の活躍が見られたかもしれませんね。

椎名桔平

甘いマスクと高い演技力で、二枚目役はもちろんコミカルな演技にも定評がある椎名桔平さん。

実は彼は芸能人の中でも、折り紙付きのサッカー実力者で有名な俳優です。

小学3年生から始めたサッカー、高校生の時には地元三重県の代表として何と国体にも出場

その後、進学した青山学院大学でもサッカー部に所属し、1年生からレギュラーとして活躍

芸能界に入ってからは明石家さんまさんが作った芸能人サッカーチーム、「ザ・ミイラ」にも在籍していたことが知られています。

瑛太

スタイリッシュな雰囲気と独特の存在感で、映画やCMに欠かせない瑛太さん。

木村カエラさんとのお洒落な夫婦は、理想の夫婦像として憧れている人も多いのではないでしょうか。

そんな瑛太さんも実はサッカーが上手な芸能人として有名な一人。

彼がプロ選手を目指してサッカーを始めたのは、小学4年生の時。

この頃ちょうど開幕したリーグは、幼い彼の夢に拍車をかける存在でもあったそうです。

その後スポーツが有名な保善高校にスポーツ推薦で進学。

ですがわずか一年後には実力に限界を感じ、サッカーを辞めているとのことで少し残念ですね。

JOY

イギリス人の父と日本人の母との間に生まれ、モデルやハーフタレントとして活躍しているJOYさん。

端正なルックスにもかかわらずユニークなおバカキャラは、愛され芸能人の代表格ですよね。

そんなJOYさんのサッカー好きぶりは、芸能人の間でも有名。

3歳から始めたサッカーの実力はかなりのもので、中学校では地元群馬の選抜メンバーに選ばれています。

またイングランドのアーセナルFCのユースチームにも在籍していたことがあるそうです。

しかし、高校に入る前に腰をケガして、サッカー選手を断念したんだそうです。

非常に残念な話ですが、現在は自身のチームで再びサッカーを楽しんでいるそうですよ。

ナオトインティライミ

独特の音楽性とハピネスな歌詞で多くのファンを虜にしている、シンガーソングライターのナオトインティライミさん。

世界各国を放浪し得たという自由な音楽性は、彼の人柄ともマッチして非常に魅力的ですよね。

少年時代は柏レイソルのジュニアユースチーム、「柏レイソルU-15」に所属。

有名芸能人となってからも音楽関係者のみで行われるフットサル大会「音蹴杯」で、2011年にはチーム優勝・MVPに選ばれています

サッカー愛が彼の創作活動に影響を与えていると言っても過言ではないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

本格的にユースチームに所属し、幼い頃からプロ選手を目指していた芸能人も意外と多いことには驚きます。

本業での活躍以外にも彼らのこうした新しい一面を知れるというのは、何だか少し得した気分にもなりますね。

サッカーが上手い、好きだという芸能人は他にも数多くいますので、新しい魅力発掘としてこの機会に調べてみるのも楽しそうですね。